害虫駆除の方法

食品会社、医療会社などは、市場に出回っている商品に虫が混入していると、企業イメージに多大な傷がついてしまいます。昨今でも、大手の食品企業の売り上げが極端に落ち込むなど、大きなマイナスになります。そのため、普段から害虫駆除には力を入れており、通常年間契約を行って対処しています。手順としては、捕虫するための機器を設置しておき、そこにどのような害虫がいるかの現状把握を行うことから始めます。そして、外から侵入しているのか、工場内で発生しているのか、などを特定していき、それぞれに対して対策を売っていくわけです。そして、その対策が効果が出ているか、捕虫機器で確認していく、というのが現在の害虫駆除の方法の主流になっています。

こういった害虫駆除専門業者は、大小いろいろあります。CMでもよく見かける会社の冠を付けた害虫駆除業者もあり、こういったところにお願いするのも一つの方法です。最近では、インターネットでそのサービスの内容を知ることができるようになっているので、まずは、そこで確認するとよいでしょう。特に、害虫駆除にどれくらいの費用がかかるか、ということは知られていませんが、こういった情報もホームページで目安を知ることができるようになっています。また、工場のようなところであれば、規模に応じて変わるものの、中小工場であれば、月一回のモニタリング、および薬剤噴霧施工を前提として年間50万円程度を考えておくと、良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加